雑貨屋開業に向けてのオリジナル店舗内装

大変だったが自分で手がけたので愛着ある店舗に

店舗オープンに関して業者に頼んだのは、電気工事だけです。
それ以外はすべて、自分の力ですることができました。
オープンしてから軌道に乗るまでは集客も大変なので、準備にお金をたくさん使うのは不安です。
できる範囲で自分で店舗作りをして、良かったと思います。
雑貨屋というジャンルなので、少しくらい下手でも手作り感が出てそれはそれで良い感じになるのです。
自分での店舗内装は、大変でしたが面白かったです。
一番辛かったのは、塗料の匂いで頭が痛くなったことでしょうか。

10年埋まらない空店舗、内装リフォームすると・・・!?驚 壁に穴を開けて窓枠を設置したのです、すると・・・https://t.co/u1pm24p4pV

— ななころ@不動産投資家 (@nanakoro3) December 10, 2020
ムラなく塗るのも難しくて苦労しましたが、今では良い思い出です。
自分で作ったからこそ愛着も湧きました。
大変な思いをした分、簡単には辞められません。
さらにお客様も優しいので、塗り残しや棚の歪みなども気にせずにいてくださいます。
「これを全部自分で作られたのはすごいですね」と話のネタにもなるのです。
店舗オープンしてまだ1年ですが、自分で作ったお店がますます繁盛するように頑張りたいと思います。

35歳の時にハンドメイドの雑貨店を開業することに : 予算が無いため電気工事以外の店舗内装は自分で行う : 大変だったが自分で手がけたので愛着ある店舗に